« モミジの色が変わってきました | トップページ | 「OGINO」って? »

2007年10月12日 (金)

姫木平のお風呂

 姫木平の我が家のお風呂は、何の変哲もないTOTO製のお風呂です。普通、ログハウス好きの人はお風呂も木製の湯船にする場合が多いようですが、我が家は、将来定住したときにメンテナンスが楽なように、ごく普通のユニットバスにしました。本当は追い炊き機能付きにしたかったのですが、ログハウスを作ってもらった高原都市開発の社長に、「寒いところではやめておいた方がいい。」とアドバイスされ、給湯のみの石油給湯器にしました。

 さっさと入らないとぬるくなってしまいますが、この方式ならではの利点もあります。それは、いろいろな入浴剤が楽しめること。我が家では、「610(ムトー)ハップ」という入浴剤を愛用しています。これは、あの「水戸黄門」に出てくる入浴シーンで、由美かおるさんが入っているお風呂に入れているものです。温泉独特の硫黄臭がして、白濁する入浴剤です。普通なら、風呂釜を傷めるので使えないのですが、我が家のお風呂はためるだけなので、浴槽の変色を多少覚悟すれば、難なく利用できます。今のところ、特に変色もありません。おかげで、いつも温泉気分でいられます。

 今では、入浴が姫木平に来たときの楽しみの一つになっています。610ハップは、ドラッグストアで売っていて、1ビンで60回ぐらい楽しめ、値段も800円ぐらいです。給湯器に追い炊き機能のない皆さん。温泉気分をみんなで楽しんでみませんか!

 

 

|

« モミジの色が変わってきました | トップページ | 「OGINO」って? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫木平のお風呂:

« モミジの色が変わってきました | トップページ | 「OGINO」って? »