« キレンゲツツジが届きましたが… | トップページ | 大文字草 »

2008年10月19日 (日)

ニコンD90は快適です

 今回の姫木平訪問では、先日購入したニコンD90が「姫木平デビュー」を果たしました。念願のデジ一で入口のモミジ撮影となったわけですが、撮った感じとしては「とても快適」の一言でした。

 「何が?」といわれると困るのですが、しいて挙げると、まず「スピード」でしょうか。スイッチを入れるとすぐに撮影できます。撮った画像の保存も速く、そういうことについてのストレスは全くありません。

 持った感じ、シャッター感なども一眼レフそのものです。VR18-200をつけているので、ちょっと長くて重たい感じもしますが、その感覚も一眼レフっぽくて私にとってはマイナス要因にはなりません。

 そのVRレンズの威力ですが、まだ動く被写体を撮っていないのでよく分かりません。でも、アルバムにアップした「美しの池」の写真は、三脚を使わずに手持ちで撮っています。アップ用に画素数を落としてあるので、拡大すると荒くなってしまいますが、手元にある元の画像を見た限りでは、手ぶれもなく、安定した画像になっています。

 このカメラの特徴である「動画撮影」はまだやっていません。いつか試してみたいと思います。

 8GBのSDHCをつけているので、ノーマルだと2000枚、画質を「FINE」にしても1000枚以上撮れます。RAWのFINEにしても300枚以上撮れる表示が出ます。

 バッテリーのもち具合についてはまだ分かりません。またいつか、報告したいことが出てきたらお知らせします。 

|

« キレンゲツツジが届きましたが… | トップページ | 大文字草 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キレンゲツツジが届きましたが… | トップページ | 大文字草 »